洗車やコーティングなどを怠らない|高額な車査定を目指そう

おもちゃの車

売買の流れ

男の人

スーパーカーや高額な車がほしくても、手が出ないという場合は金融車を購入するとよいでしょう。金融車は中古車店で販売されているような車よりも格安な値段で購入することができます。そもそも、金融車とは始めに購入したオーナーがローンなどの支払いを滞納し、そういった際に売却されたものをいいます。他にも、金融会社に車自体を担保としていて、支払いが滞り金融車が引き取った後に売却するケースもあります。こういった訳ありであることから、通常よりも格安で購入することができるようになっています。オークションなどでは、購入したオーナー自身が金融車と販売しているケースもあります。購入した後は、特別な手続きはなく乗ることはできますが名義変更はできません。名義変更は元オーナーの方が支払いを全て完済する必要があります。しかし、こうした訳あり商品でも、格安でスーパーカーや憧れの手にすることができるのが金融車の魅力です。購入した後でも、普通の車と同じように売却することはできます。
では、逆に金融車を手放そうとした時、どのような手続きが必要なのでしょうか。売る場合には、通常どおり購入する車とその手続き変わりません。書類が揃っていれば、車を販売することができます。最低限必要になってくる書類は、譲渡証明書、委任状、印鑑登録書、車検書、自賠責証明書です。これらの書類以外にも必要なものはありますので、買取を行なってくれる店舗に確認を取ってみましょう。